土地オーナー様へ

株式会社えんパークは、個人や法人の土地オーナー(地主)様にご所有地の有効活用として、『一括借り上げ』『部分借り上げ』『運営管理代行』などの様々な駐車場事業の提案を行っています。

お預かりした大切な土地をコインパーキング経営『えんパーク』やスロープ自走式駐車場、月極駐車場などの形態で運営管理を行い、土地オーナー様に低リスクで安定かつ継続的な収入をお約束いたします。

当社のコインパーキング経営は、初期の設備投資ゼロで運営開始することができ、駐車場敷地内の清掃や不正車両などのトラブルにも対応しているので、個人や法人の土地オーナー様に安心してご利用頂いています。

駐車場事業を営むメリットは何か?様々なメリットをご紹介いたします。

※アスファルト舗装、外構、建物解体は土地オーナー様のご負担となります。
※固定資産税などの租税公課や町内会費は土地オーナー様のご負担となります。

駐車場オープンまでの流れ

駐車場経営をお考えにあたってこのようなお悩みございませんか?

  • 土地はあるが、最大限に有効活用したい…。
  • 未使用、低稼働の土地がある…。
  • 建設予定の土地を工事開始まで何かに活用し収入を得たい…。
  • 古屋、未使用倉庫があり、解体して土地活用したい…。
  • 相続や節税対策などで何か考慮したい…。

有効な土地活用とは


有効な土地活用とは 土地オーナー(地主)様がご所有の遊休地の有効活用を考えるとき、マンションやオフィスビルをはじめ、アパート、ホテル、店舗、スポーツ施設などを計画・提案されることが多いかと思います。しかし、これらの施設は現在の経済状況下で需要が少なく融資がなかなか決まらなかったり、建設後も稼働率があがらず見込んだ収益が上がらないなど、当初の計画を大きく下回った利回りの土地活用(資産運用)になることも少なくありません。

それに比べて、駐車場やコインパーキング経営は初期投資が圧倒的に低く、土地オーナー(地主)様から当社が一括借り上げますので、安定的な定期収益を実現することが可能です。また、土地オーナー様と当社の共同経営でコインパーキング運営を行う場合、月単位の契約ではなく時間貸しで運営を行うので、空車リスクを最小限に抑えながら事業を行っていくことが可能です。

他の用途への転用や、更地への復帰が容易

土地の活用にあたって、マンションなどで借家権契約を結んだ場合、「借地借家法」により、他の用途への転用は困難になることもあります。しかし駐車場経営は「借地借家法の適用対象外」です。そのため、事前の通告のみで利用者を立ち退かせることが可能です。よって、土地売却やマンション(アパート)建設など、駐車場以外の他の活用法への転換の際も容易に行うことができます。 つまり、駐車場やコインパーキングとして土地活用することによって、収入を得ながら、将来に向けて多様な選択肢を残しておけるということになります。

従来と現在の土地活用の違い

現在の土地活用は、定期収入を計画した上で運用することが大きな要因になります。従来は、土地を保有しているだけで確実な値上がりが見込め、将来的に多額の売却益をもたらす可能性が高い、と言われてきました。しかしここ数十年で、土地の資産性も大きく下がり、値下がりを続けています。土地の価値は下がり続ける可能性がある一方、土地を所有することで発生する負担は様々です。固定資産税や土地計画税などの税金が毎年かかってきますし、将来的に相続税が発生する可能性もあります。

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせは0120-160-660まで。受付時間9:00~18:00(土日・祝定休)

このページのトップへ